FXはいくらから始められる?用意すべき投資資金の考え方

FXは、取引に多額の資金を必要としないというメリットがあります。レバレッジのおかげで、少額の資金でも、大きな取引ができるからです。

投資と聞くと、どうしても、まとまった資金が必要なイメージがありますが、FXは、お小遣い程度の金額でも始めることができてしまうのです。

それでは、一体、どの程度の金額を用意しておけば、FXを始めることができるのでしょうか。

このページでは、FXを始めるにあたって必要となる資金の量とその考え方について、解説します。これからFXを始めるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

FXに必要な資金は取引量で決まる

FXに必要な資金について考える際に、大前提として、理解しておくべきなのが、取引に必要な資金の量は、取引量によって決まるという点です。

取引量と取引に必要な資金量は、比例関係にあり、取引量が小さければ、取引に必要な資金も少なくて済みますが、取引量が大きくなれば、取引に必要な資金も増えます。

例えば、1米ドル=100円の場合、1,000米ドルを購入しようとすると、10万円(=1,000米ドル×100円)の資金が必要になり、1万米ドルを購入しようとすると、100万円(=1万米ドル×100円)の資金が必要になります。

後ほども触れますが、実際には、FXの取引では、レバレッジを効かせることができますので、ここまで多額の資金を必要とすることはありません。ここでは、まず、取引に必要な資金の量は、取引量に比例するということを頭に入れておきましょう。

FXに必要な資金の考え方

ここからは、FXを始めるにあたり、用意しておくべき資金の考え方について、解説します。

ここで、鍵となるのが、必要証拠金と予備資金です。

FXに必要な資金=必要証拠金+予備資金

取引に最低限必要となる必要証拠金

FXにおいて、取引を行うには、FX会社の取引口座に証拠金を預ける必要があります。この証拠金こそ、FXにおける投資資金にあたるものです。

そして、この証拠金は、一定水準以上である必要があり、一定水準を下回っていると、取引を行うことはできません。この取引を行うために最低限必要となる証拠金のことを必要証拠金と言います。

では、FXの取引を行うにあたって、取引額と同じ額の証拠金を用意する必要があるのかと言えば、それは違います。FXでは、証拠金の額が、取引額に満たなくても、取引ができてしまいます。なぜかと言うと、FXには、レバレッジという仕組みがあるからです。

現在、国内のFX会社では、最大で25倍のレバレッジをかけることができます。ということは、口座に預けた証拠金の最大25倍の額の取引を行うことができるということ。言い換えると、25倍のレバレッジをかけて取引を行う場合、取引額の1/25が必要証拠金となり、この金額さえ口座に預けていれば、FXの取引は可能ですし、FXを始めることができるということになります。

必要証拠金(取引に必要な資金)=取引額÷25

例えば、1米ドル=100円とした場合、1万米ドルを購入しようとすると、取引額は、100万円(=1万米ドル×100円)となりますが、この取引における必要証拠金の額は、取引額の100万円の1/25にあたる4万円ということになり、4万円さえあれば、取引は可能ということになります。

必要証拠金だけでは不十分│予備資金の重要性

このように、必要証拠金の額さえ用意できていれば、取引自体は可能なのですが、それだけで十分なのかというと、そうではありません。

仮に、損失を出してしまえば、当然、預け入れている証拠金の額は、減ってしまいます。その結果、証拠金の額が、必要証拠金の額を下回ると、追加の証拠金を入金しなければ、それ以上、取引を行うことはできなくなってしまいます。

更に、マージンコールロスカットにも注意が必要です。

保有中のポジションが、含み損を抱えてしまった場合、含み損の額だけ、証拠金の評価額は下がってしまいます。預けている証拠金に含み益や含み損といった評価損益を加減した証拠金額のことを有効証拠金と言い、必要証拠金に対する有効証拠金の割合のことを証拠金維持率と言うのですが、この証拠金維持率が、一定水準を下回ると、追加の証拠金を求められるマージンコールの対象となったり、最悪の場合、強制的にポジションが決済されるロスカットの対象となってしまいます。

マージンコールやロスカットの水準は、それぞれのFX会社によって異なりますが、証拠金維持率が、100%を上回っていれば、ロスカットにかかることはありません。万が一、ロスカットが執行されると、強制的に損失が確定され、この場合も、追加の証拠金を入金しなければ、それ以上の取引を行うことはできなくなります。

つまり、必要証拠金の額さえ用意できれば、最低限の取引を行うことはできますが、取引の結果次第では、すぐに、取引続行不能という事態に陥ってしまう危険性があるのです。

また、予備資金を用意しておくことによって、取引のロット数を増やしたり、複数のポジションを保有することも可能になります。

為替レートの変動が損益に与える影響の目安

以下の表は、為替レートが1円変動した際の損益への影響額を取引量ごとにまとめたものです。

取引量 損益
1 1円
10 10円
100 100円
1,000 1,000円
10,000 10,000円

例えば、1万通貨の取引では、為替レートが1円動くと、1万円の利益、または、損失が発生します。仮に、4万円の資金で始めていた場合、1万円の損失を出せば、残りの資金は、3万円。1米ドル=100円とすれば、もう取引を行うことはできません。

取引に必要な最低限の資金のみでFXを始めると、すぐに資金不足に陥ってしまう危険性がありますので、FXを始めるにあたっては、取引に必要な最低の証拠金だけではなく、予備の資金についても、必ず用意するようにしましょう。

FX会社の取引通貨単位に要注意

ここまで、取引に必要な資金は、取引量で決まるということ、それから、FXを始めるにあたっては、取引に最低限必要な必要証拠金に加え、予備資金を用意すべきということについて、解説してきましたが、もうひとつ、FXに必要な資金を考える際に、忘れてはいけないことがあります。

それが、FX会社の取引通貨単位です。

取引通貨単位とは、一度の注文における最小の取引量の単位を表す言葉です。取引通貨単位は、各FX会社によって異なり、取引通貨単位が、1通貨であれば、1通貨から注文が可能ですが、取引通貨単位が、1万通貨であれば、1万通貨以上の取引でなければ、注文できません。

つまり、取引に必要な資金を決める取引量というのは、各FX会社が設定する取引通貨単位にも、依存するということ。

各FX会社の取引通貨単位は、1万通貨、または、1000通貨というのが、一般的です。中には、100通貨や1通貨のFX会社もありますが、このようなFX会社は、非常に稀で、1万通貨と1,000通貨のFX会社が、大半を占めています。

準備可能な資金に応じた取引通貨単位のFX会社を選ばなければ、資金不足で、取引できないということにもなりかねませんので、FX会社を選ぶ際には、必ず取引通貨単位をチェックするようにしてください。

取引通貨単位ごとの必要証拠金の目安

以下の表は、1米ドル=100円とした場合における取引通貨単位ごとの必要証拠金の額をまとめたものです。なお、レバレッジは25倍で計算しています。

取引通貨単位 必要証拠金
1通貨 4円
100通貨 400円
1,000通貨 4,000円
10,000通貨 40,000円

取引通貨単位が、1万通貨の場合、一度の取引における必要証拠金の額は、4万円となり、1,000通貨の場合は、4,000円となります。更に、100通貨では、400円、1通貨では、4円です。

ここまで触れてきたように、実際には、予備資金も欠かせませんが、必要証拠金だけ考えると、1通貨から取引可能なFX会社を選べば、4円から、1万通貨から取引可能なFX会社でも、4万円あれば、取引が可能ということになります。

FXを始めるにあたって用意すべき具体的金額

これまで、FXに必要な資金の考え方について、解説してきましたが、結局のところ、FXを始める際には、どのくらいの資金があれば良いのでしょうか。

目安としては、最低でも、必要証拠金の3倍程度の資金を、もう少し余裕があるのであれば、5倍程度の資金を用意することをおすすめします。

1米ドル=100円とした場合における必要証拠金の3倍と5倍の額というと、以下のようになります。

取引量 資金の目安
必要証拠金の3倍 必要証拠金の5倍
1 12円 20円
100 1,200円 2,000円
1,000 12,000円 20,000円
10,000 120,000円 200,000円

最も一般的な1万通貨での取引の場合、ある程度の金額は必要になってきますが、1,000通貨での取引の場合は、必要証拠金の5倍でも、2万円と、かなり抑えることができます。

ある程度まとまった金額が用意できないという場合は、1,000通貨単位以下のFX会社を使って、小さな取引から始めてみると良いでしょう。

まとめ

FXを始める際の必要資金を考えるにあたっては、まず、取引量を明確にしなければなりません。当然のことではありますが、取引量が大きくなれば、それに比例して、必要な投資資金も増えるからです。

また、取引に必要な最低限の資金だけでなく、ある程度の損失に耐えられるだけの予備資金を用意しておくことも重要です。余裕を持った金額を用意していないと、たった一度の失敗で、すぐに取引続行不可能ということにもなりかねません。

更に、一度の注文における最小の取引量は、FX会社ごとに異なるため、取引を行うFX会社次第で、必要な資金も変わってきます。

取引通貨単位が小さなFX会社の場合、ロット数を増やせば、大きな取引にも対応できますが、その逆は、できません。取引通貨単位が大きなFX会社の場合、取引通貨単位より小さな取引はできませんので、少額の取引を行いたいということであれば、取引通貨単位が小さなFX会社を選ぶ必要があります。

ちなみに、以下の記事では、各FX会社の取引通貨単位を比較するとともに、取引通貨単位が、1,000通貨以下のおすすめFX会社をご紹介していますので、FX会社選びの参考にしてみてください。

投資資金は、多いに越したことはありませんが、誰しもが、まとまった金額を用意できる訳ではありません。まずは、このページで触れた通り、ある程度の損失にも耐えられるよう、必要証拠金の3倍から5倍程度の資金を準備して、取引に臨んでみると良いと思います。